So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
お店(新潟) ブログトップ
前の10件 | -

山菜採り [お店(新潟)]

毎年山菜採りでお世話になる新潟県松之山温泉。知人の「千歳」の若旦那に真剣に山菜採りしたいとお願いしてからすでに15年以上経っていることが過去の写真でわかりました。きっかけは春スキーに訪れた時に雪の下にある蕗の薹を取って食べたこと。平地でも春になると蕗の薹はたくさん取れますが、雪の下の蕗の薹の香りと味は全く違います。さらに通い続けると、雪国の春がどんなに美しいことか、日本人に生まれてよかったと思う瞬間を味わえます。(日本以外のほとんど国は冬の後は一気に夏になってしまいます。)
田植えを待つ水が張られた棚田。
IMG_0306.jpg


続きを読む


里山の山菜を味わう [お店(新潟)]

もう何年になるだろう、松之山で山菜取り始めて。。。昔は春にキャンプに行き山菜の知識もあまりない中、ウドとワラビと土筆だけを収穫。関東近郊では皆が山に入り(キャンプ場近郊の山でほとんどが国有林)取れればラッキーという感じでした。しかし細君の後輩が嫁いだ松之山に行くようになってまさに山の宝をいただくようになりました。
IMG_3404.jpg
春はブナの芽が芽吹き、一斉に山菜たちもこの時期を待ちわびたように伸びていく。雪国の春は素晴らしい。
しかし、、、今年は暑い!すでに数日間30度越えの日が続きすでに里山の山菜は伸び放題!!


続きを読む


恒例山菜ツアー [お店(新潟)]

料理教室の生徒さんを連れて毎年行う山菜ツアー、今年も沢山の方に参加頂きました。お世話になるのは新潟の松之山温泉にある知人の旅館と松之山から楽しい企画を発信する「まんま」のメンバー達。
今回は初めての方も多かったので、入念な説明。里山といってもそこは自然の中、こちらから勝手に土足で入って行くので危険もあれば、自然破壊もあります。そして何より他人の土地に入るので礼儀も必要ですね。
P1120025.JPG

続きを読む


春を求めて [お店(新潟)]

関東では桜が満開、梅や桃の開花から桜の開花まで春の移り変わりは本当に楽しいですね。市場にも春の山菜があふれています。花や食材で季節を感じれるのは本当に素晴しい。しかし都会に住む我々よりももっと春を求めているのが豪雪地帯。3月も後半となれば太陽の位置も大分高くなり日差しも強くなります。冬の間3メートル以上積もった雪も木々の間には雪間ができ、春の近づきを感じさせます。
DSC_0602.JPG

棚田の雪も溶け始め形が少しずつ現れ始めますね。
IMG_4518.JPG

続きを読む


茸狩りと囲炉裏料理 [お店(新潟)]

毎年春には温泉旅館を営む知人が山菜採りツアーを行ってくれる新潟県松之山温泉、ブナの林に囲まれ自然の宝庫です。昨年からは秋の茸狩りツアーも行っています。秋ではありません、ほぼ初冬のこの時期に行くのです。秋にはもちろん沢山の茸が出ますが、その中には毒茸もあるのでプロでも迷うこともあるそう。初冬ともなればそうした毒茸も殆ど無くなり、食べれる茸が多くなるのです。
 山菜採りも茸採りもまるで魚釣りと一緒。山の中に入ってどれ位とれるかワクワクします。この日は前夜から降った雪が5cmほどつもってしまいました。しかし、山の達人達はすぐに茸を見つけてくれます。
P1110334.JPG


続きを読む


初冬の松之山、茸狩りと囲炉裏料理 [お店(新潟)]

私の日本の憩いの場所、松之山温泉。日本三大薬湯の一つで100度近い塩泉は、その昔鷹が傷をいやしに来ていたとか。私も癒されます。温泉だけではありません。宿の若旦那とはもう10数年来のお付き合い。山の素晴らしい幸を紹介してくれます。数年前からは毎年春に山菜ツアーを行っていて、春の山の幸を楽しませてくれます。かねてから秋に茸狩りに行こうと言う話、料理教室の生徒さんからもリクエスト。今回実現の運びとなりました。

紅葉も終わり各家では真冬の豪雪に備え準備も終わっています。雪もすでに何回か降ったという松之山の日本の原風景。
P1090263.JPG

続きを読む


毎年恒例山菜ツアー [お店(新潟)]

毎年楽しみにしている新潟県松之山温泉の山菜ツアー、今年も天候に恵まれ沢山の生徒さん達と参加しました。今冬は雪が多く、例年に比べて山菜の出が遅い感がありましたが、主宰する知人のお陰で沢山の山菜を収穫することができました。初参加の方々もいらっしゃるのでまずは山菜の講義から。
P1070741.JPG

続きを読む


恒例山菜ツアー [お店(新潟)]

今年も料理教室の生徒さん達との山菜ツアーを開催、心配された天候もまったく問題なく皆さんに喜んで頂きました。
 場所は新潟県の松之山温泉、日本でも有数の豪雪地帯です。東北の震災の翌日、ここも震度6強の地震にみまわれ、飯山線が被害にあいました。幸い被害者は出ずに安心しました。
 さて現地に到着後、地元の山の達人「しんちゃん」より山菜の説明。重要なのは、山菜はむやみに採ってはいけないこと、必ず芽を残すことやゼンマイなどは雄の芽を残すことです。毎年自然の恵みを楽しむ為のルールがあるのです。
DSC_0349.JPG

続きを読む


今年も山菜ツアー [お店(新潟)]

毎年新潟の松之山温泉で知人が開催する山菜ツアー、今年は料理教室の生徒さん達総勢11名で参加しました。
 日本でも有数の豪雪地帯である松之山温泉、まだ残雪が残るこの時期、ブナの芽も吹き出し、地上でも山野草が一気にのび始め山菜の宝庫となります。
 まずは山菜の種類から取り方、山の入り方などの説明会。
P1040147.JPG

P1040148.JPG
ちょっとした山でも、そこは自然の中。マムシなどの危険な動物や残雪の危険な場所など十分注意が必要です。さらにいつまでも山菜を豊かに保存するための取り方などを勉強します。
P1040150.jpg
P1040151.jpg



続きを読む


魚沼の旨いもの [お店(新潟)]

 東京から松之山温泉に行くには関越自動車道の塩沢石打インターで降り、更に国道353号線を通りひと山越えます。峠を越えると、信濃川に注ぐこの時期雪代(雪解け)で水量豊富な清津川沿いを進みます。
DSC_0022.JPG
この風景は何度見ても気持ちがよい。

すでに田んぼには水が張られ田植えの最盛期です。
DSC_0016.JPG
これがコシヒカリ。


続きを読む


前の10件 | - お店(新潟) ブログトップ