So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

旬の魚料理教室 1月はイカ [料理教室]

今年に入って最初の更新となりました。最近は帰国しても忙しく、なかなか更新できません。1月の教室のイカ祭りの様子をご報告します。毎年同じ説明ですが、なぜにこの時期にイカを選ぶかというと、一般的に食べられる日本のイカの種類がこの時期に揃うのです。ほとんどのイカは1年で死んでその世代を後世に残します。夏だとケンサキイカとスルメイカを除いてほとんどが生まれたてなのです。

IMG_7007.jpg

IMG_7006.jpg
いつものように高級料亭に魚をおろす私の師匠に食材を揃えてもらいますが、私の一番好きなケンサキイカが築地にほとんどないとのこと。時期が今年は遅れているようです。
しかし、刺身の王様ケンサキイカは船上冷凍のものもあります。素晴らしい。


その他、大型のアオリイカ、今が東京湾の旬スミイカ、子持ちのメスのヤリイカにオスの大型ヤリイカ、塩辛用にスルメイカ、そしてシュウマイ用にモンゴイカが今回のラインアップ。

まずはイカのさばき方をスルメイカで練習。それを塩辛にします。スルメイカは箱買い!!
IMG_6998.jpg

IMG_7009.jpg
20杯あるので肝もたっぷり。自宅に持って帰って数日間寝かせれば最高です。

さらに海苔を使って鳴門巻きも紹介しました。
IMG_7012.jpg

IMG_7014.jpg

アオリイカは1.5kg級。
IMG_7005.jpg
これくらいのサイズが釣れたら引きもよく楽しんだよな。

私はアオリイカはオリーブオイルで頂くのが好きです。
IMG_7010.jpg

ネットリしたスミイカは江戸前寿司の旬のネタ。
IMG_7018.jpg

休憩はそれぞれのイカを生で味比べ。
IMG_7016.jpg

IMG_7019.jpg
スルメイカも薄く細く切ればお刺身でいけますね。
新年最初の教室ともあって今回はほとんどの方がアルコール持参。休憩時よりビールや酒、ワインが開きます。

ワインが開いたらワインにぴったりのイカ料理
IMG_7020.jpg
ヤリイカの一匹焼き。オリーブオイルをマリネしてグリルすれば地中海の一品。

こちらは恒例のイカシュウマイ。
IMG_7025.jpg
今年も60個。

IMG_7026.jpg

ひよこ豆とルッコラのカタルーニャ風炒め。ルッコラがあまり美味しいものが手に入らず、今回は沖縄の長命草を使いましたが、これがぴったり。若干の苦味に酸味が爽やか。健康にも良いとくれば今後は長命草を使おう!!
IMG_7022.jpg

イカスミのフィデウア
IMG_7024.jpg
昨年からイカスミパエリアからフィデウアに変更。これはスペインの漁師が船上の料理したことから始まった料理。米で作るパエリアよりも細いパスタのフィデウアの方が調理時間が少なくて済むのです。フィデウアがしっかりとソースを吸ってくれて本当にうまい!!

子持ちヤリイカのトマト煮。
スペインでも米を入れたイカ飯のようなものがありますが、元祖は本物のイカの卵。まるでイカ飯のように卵がうまい。
IMG_7027.jpg

ヤリイカの寿司。
IMG_7028.jpg
さっと湯がいてレアのヤリイカに寿司飯とガリ、昆布が入っています。タレをつければ絶品!!

そして最後はアオリイカを使った沖縄のイカスミ汁。
那覇に行ったらはずせない一品。
沖縄の苦菜を使います。
IMG_7030.jpg
沖縄では精力をつけるために頂くのです。本当にうまい!!

イカ祭り、たくさんの料理を楽しんでいただきました。

そして夜の部は広島風お好み焼き!!
IMG_7033.jpg

夜遅くまで盛り上がりました。
IMG_7037.jpg


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。