So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

久しぶりのパリ [お店(パリ)]

約1年半ぶりのパリ、韓国の会社に来てからはひたすら北米線ばかりを飛んで時差もすっかりアジアとは真反対の生活でしたが、今月はドバイとパリ等西行きのスケジュールが入りました。時差も結構楽です。
今回は1泊しかないのでデジュネを楽しみました。行ったお店はSt German des Présにある「Fish la Boissonnerie」
P1070731.JPG
かねてから名前からして気になっていた店でした。


丁度お昼過ぎお店に入ると、お店の皆さんは食事中。大体このくらいの時間に入るとどの店でもこういう場面に出くわします。その時に一人の東洋人の店の方が日本語で応対してくれました。話をはじめればこの店のシェフの方で日本人、パリに5年いるとのこと。良く話してみると個人的な所で繋がっていたのにはびっくり。
 そして同じ頃お店を訪れたアメリカ人の方とお店の女性と話が弾み、なんと家庭的な店なんだろうと感じました。お店の建物は300年以上たっているという木組みの作り。パリのレストランはこういう雰囲気が多いですね。
P1070715.jpg

魚の飾りが色々とあります。
P1070714.JPG

そもそもこの店はワインバーから始まったとか。
P1070713.JPG
この界隈、夜に来たことがありますが飲み屋がたくさんあり楽しいエリアです。

P1070715.jpg

P1070716.JPG

何度も紹介していますが、パリはマルシェに行けば新鮮な魚が手に入るので魚料理はおいしいです。今回も魚を食べにきたのでentreéは
seiches marinées au paprika fumé, condiment chorizo, cresson en salada
パプリカ風味の甲イカのマリネ、チョリソーとクレソンサラダ添え
P1070719.JPG
出てきてびっくり、皿には筆で書いた書が。これはバルサミコ酢といか墨のようです。
イカは火が入っていますが、柔らかさも丁度良い。特にパプリカ味が入っているのでチョリソーとの相性も凄く良い。更にバルサミコとクレソンや空豆もあいます。白ワインが欲しくなる一品ですね。夜のフライトの為ワインは飲めません。残念。

何とシェフからのプレゼント。一緒にいたアメリカ人が頼んでいた一品。
vitello tonnato, le veau rosé bio du périgord en carpaccio, petits pois croquants
ロゼ色の仔牛のカルパッチョのvitello tonnato、小豆の野菜添え。
P1070724.JPG
一緒に食べたアメリカ人の奥さんはイタリア人で料理が大好きのこと。このvitello tonnatoのツナソースは大好きだとか。有機の子牛のカルパッチョと最高のマリアージュです。これはどうしてもワインが欲しい一品だ。そして野菜が本当に旨い。

Platは魚。これは私の勉強でもあります。
cabillaud, risotto d'eqeautre au poireau, bulots, beurre d'escaugot
鱈のソテー、Eqeautreのリゾット、巻貝とエスカルゴバターソース和え
P1070726.JPG
ヨーロッパでは最もポピュラーな魚、鱈。私は最近この鱈料理が好きになりました。日本では鍋の食材などであまりメインにはならない魚ですが、大航海時代よりヨーロッパではメインの食材。特にバカラウは(塩ダラ)旨い。教室でも食べ比べしたところ、バカラウを水で戻したものは旨味タップリでした。
今回の鱈は塩具合が丁度良く水気がしっかりと抜けていて水っぽくありません。魚の下にあるEqeautreのリゾット、かめば弾力があるのが面白い。初めて食べました。ソースの緑色はピストーに見えましたがバジルの香りは無かったようです。しっかりと頂きました。
Ce très très bon!です。

写真は撮り忘れましたが、最初に出てきたフォカッチャが出来立てでもの凄く美味しい。お店の女性が向かいの店から焼きたてを何度も運んでいるのです。パンの話でアメリカ人と小麦談義になりましたが、ヨーロッパの小麦はうまいことで一致。
向かいのboulangrerie
P1070732.JPG

Dessertはアイスクリーム
P1070727.JPG

一人で初めて入った店でこんなに楽しかったのは久しぶり。美味しく家庭的で雰囲気もすばらしい。「年中ほとんど営業しているのでパリに来てこの店に来れないなんて言わせない」とお店の女性が言っていました。
また一つパリで行きたい店が出来てしまいました。
シェフありがとう。

Fish La Boissonnerie
69 Rue de Seine, 75006 Paris,
+33 1 43 54 34 69 ‎


nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 12

コメント 4

ぺこりん

筆で書いたお皿カッコいいですね!
日本人じゃなくてフランス人の案とは。
by ぺこりん (2012-05-24 12:38) 

michael

ぺこりんさん:日本人シェフの案です。バルサミコといか墨結構あいます。
by michael (2012-05-24 18:46) 

STELLA

パリにいらしてたんですね!といっても、前のように簡単に会いに行ける距離ではないので残念です。
このレストラン行った事あります!すごく美味しかったです。
でも、5年くらい前なので、その時日本人シェフだったかどうかはわかりません。でも、今も変わらず美味しいということはわかったので又いつか行けたら、と思います。
いつかお時間がある時は是非私の街にもいらしてください。海が近いので新鮮な魚介類が豊富ですよ。
by STELLA (2012-05-29 01:36) 

michael

STELLAさん:先日パリで電話しようと思ったのですが風邪で声がおかしくなっていたので電話しませんでした。2泊ある時はSTELLAさんの街行きますね。このお店は楽しく美味しい店でした。
by michael (2012-05-29 15:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。